毒素について

多くの女性が「デトックス」に魅力を感じてしまう最大の理由は、私たちが暮らしている環境が悪化していることにある。大気や土壌は化学物質で汚染され、穀類や野菜などの食物には化学肥料や害虫予防の農薬がたくさん含まれていると喧伝されているのだから無理もない。
正常な皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は4週間毎のサイクルになっており、1日毎に肌細胞が誕生し、日々剥落しているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」によって私たちの皮ふは若々しさを保持しています。
全身に張り巡らされているリンパ管と並行して進む血の流動が鈍くなると、様々な栄養や酸素(O2)がうまく移送されず、結果として不要な脂肪を多く定着させる大きな素因のひとつになります。
頭皮のお手入れの主だった目標は髪の毛を健康に保持することだといえます。髪に水分がなくまとまらなかったり抜け毛が多いなど、多くの人が髪の毛の困り事を抱えているのです。
どこにも問題のない健康な人にも生じるむくみだが、これはむくんで当然。なぜか女性は、脚のふくらはぎのむくみを気にするようだが、ヒトならば、下半身のむくみ自体はまっとうな状態なのであまり気にしない方が良い。
ほとんど慢性に移るが、的を得た手当のおかげで患部が統制された状態に維持できれば、自然に治ることが予期される病気である。
我々が「デトックス」に魅力を感じる大きな理由として思いつくのは、日本人が暮らしている環境の悪化だ。空気や土壌は化学物質で汚れ、コメなどの食物には作用の強い化学肥料や危険な農薬がたっぷりかかっていると周知されている。
ここ日本において、肌色が透き通るように明るく黄ぐすみや濃いシミが無い素肌を目標とする風習はかなり以前からあり、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。
皮ふの乾燥の誘因の一つであるセラミドと皮脂の衰退は、アトピー性皮膚炎患者などの遺伝に縁るものと、逃れようのない年齢やスキンケアコスメや洗浄料による後天性の要素にちなんだものに分けることができます。
肌の乾燥による痒みの誘因のほとんどは、老化に縁る角質細胞間脂質と皮脂の量の下落や、メイク落としなどの頻繁な使用による皮膚のブロック機能の破損によって引き起こされるのです。
どうにかできないものかと考えてやみくもにマッサージをする人もいますが、ことさら目の下は弱くて繊細なので、ゴシゴシとこするように大雑把な粗っぽいマッサージは適しません。
明治末期、異国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風の服装、洋式の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介した結果、これらを表現する日本語として、美容がけわいに取って代わって使われるようになったのだ。
乾燥肌というのは、肌の角質層の細胞間脂質と皮脂の量が正常値よりも目減りすることで、肌から潤いが蒸発し、お肌がカサカサに乾燥してしまう症状を指し示しています。
美容外科(Plastic Surgery)というのは、人間の体の機能上の損壊や変形部の修正よりも、もっぱら美意識に基づくヒトの体の外見の改善を主軸に据える医学の一つで、自立している標榜科でもある。
「デトックス」術にリスクや問題はまったくないのだろうか。そもそも体の中に蓄積していく「毒素」というのはどんな性質のもので、その毒物は果たしてデトックスで体外へ排出できるのだろうか?

コメントは受け付けていません。